南幌・長沼・由仁

【道の駅 マオイの丘公園】長沼町を巡るなら必見の観光スポットをご紹介

今回は、長沼町の道の駅「マオイの丘公園」までぐるっとドライブしてきたときの様子をご紹介します。

「マオイの丘公園」といえば、4階吹き抜けのロビーと、長沼エリアを一望できる展望台、屋上のピラミッド型のガラスオブジェが印象的な道の駅です。

また、全8店舗からなる農産物直売所は必見で、地元で採れた新鮮野菜や果物、工芸品などの品揃えが豊富。土日だけでなく平日にも大いににぎわいを見せる地域密着型の観光スポットでもあります。

そこで「マオイの丘公園」にまだ行ったことがないという方のために、実際に行ってみた感想と中の様子についてまとめていきたいと思います。

長沼町道の駅 マオイの丘公園 営業時間・定休日

長沼町道の駅 マオイの丘公園 営業時間・定休日

長沼町道の駅 マオイの丘公園 営業時間

  • 営業時間:4月~11月 9:00~18:00、12月~3月 9:00~17:00
  • 定休日:年末年始(12月31日~1月3日)休業

農産物直売所

  • 営業時間:9:00~16:00頃

※農産物直売所の営業時間は、店舗ごと、天候等の状況により変動(休業)することがあります。

レストラン美夕

  • 営業時間:11:00~15:30(LO15:00)

ショップ「マオイの丘」

  • 営業時間:4月~10月 9:00~18:00、11月~3月 10:00~17:00

(注)執筆時点の情報につき、道の駅の都合で変更となっている場合もあります。最新情報は道の駅 マオイの丘公園公式ホームページをご確認ください。

長沼町道の駅 マオイの丘公園 場所・電話番号

長沼町道の駅 マオイの丘公園 営業時間・定休日

長沼町の道の駅「マオイの丘公園」の施設場所はこちらです。

長沼道の駅 マオイの丘公園 施設場所・電話番号

  • 住所:〒069-1460 夕張郡長沼町東10線南7番地
  • 電話番号:0123-84-2120
  • アクセス:Googleマップを見る

「マオイの丘公園」へのアクセスは、国道274号線をまっすぐ直進するだけで到着でき、非常にわかりやすいと思います。

長沼町道の駅 マオイの丘公園 営業時間・定休日

比較的遠目からでも道の駅のシンボルである三角形のガラスが見えてくるので、それを目印にしておくと良いかもしれません。

長沼町道の駅 マオイの丘公園 駐車場

マオイの丘公園」は車でアクセスする人がほとんどだと思いますが、施設内の駐車場は非常に広々としています。

長沼町道の駅 マオイの丘公園 東駐車場▲東側のメイン駐車場

土日や祝日には混雑しますが、それでも100台以上は駐車可能なスペースがありますので、現地で車の停め場所に困るということはほとんどありません。

万が一こちらが停めにくいということがあれば、反対側の西駐車場にも車を停めることができます。

長沼町道の駅 マオイの丘公園 西駐車場▲西側の駐車場

札幌から来る場合は、最初に見えてくる西側駐車場の様子を確認して、混んでいるようなら東側の駐車場に停めるのがスムーズかと思います。

長沼町道の駅 野菜・農産物直売所

長沼町道の駅 野菜・農産物直売所

農産物直売所 2020年の営業情報

  • 一斉オープン:6月13日
  • 収穫祭:9月23日
  • 大収穫祭:11月3日

マオイの丘公園」の名物といえば、地元産の新鮮野菜が豊富に売られている「農産物直売所」が有名です。

長沼町道の駅 野菜・農産物直売所

毎年多くの観光客や地元の方々が訪れる場所で、各お店がブースごとに分かれ、それぞれの特徴を活かしながら営業を行っています。

長沼町道の駅 野菜・農産物直売所

特に野菜は新鮮なのに値段が安く、直売所だけを目当てに来るお客さんもかなり多いそうです。

長沼町道の駅 農産物直売所の様子

訪問した時点では合計8店の直売所が開かれており、日曜日の午後ということもあって非常に活況で溢れていました。

【農産物直売所 出店団体一覧】

  • 20区野菜販売グループ
    TEL 0123-84-2180
    スーパーには並ばないような珍しい野菜など、安くて獲れたての新鮮野菜を販売
  • まおいグリーンマート
    TEL 0123-84-2181
    地元五戸の農家が出店する野菜直売所
  • Aコープ ながぬま店
    TEL 0123-84-2182
    JAやAコープの特色を生かし、地元生産者の協力のもと新鮮で安心な農産物を提供
  • 幌内蔬菜集団
    TEL 0123-84-2183
    長沼町幌内地区の農家によるグループ。一部商品は地方発送にも対応
  • マオイ青果物販売グループ
    TEL 0123-84-2184
    旬で新鮮なメロン販売が特徴。夕張メロン、道産メロンなどを特価販売
  • マオイの丘 茶屋
    TEL 0123-84-2185
    そばやうどん、ラーメンなどを食べられる軽食店
  • ウヌカリナガヌマ
    TEL 0123-76-7320
    長沼産の新鮮野菜の他、長沼で制作された工芸品も複数展示
  • 長沼町果樹振興会
    TEL 0123-84-2187
    長沼町の果樹園を中心としたグループ。農産物加工品も多数取り揃え

このように地域の野菜や果物、酪農などの農家グループが、独自の強みを活かして産地直売をしています。

観光で訪れる客だけでなく、長沼に住む地元民も多くお買い物に訪れるなど、長沼観光をするなら「農産物直売所」は必見のスポットです。

マオイの丘公園 1階エントランス

オイの丘公園」の施設内(センターハウス美夕)はこのような構造になっています。

マオイの丘公園 1階エントランス

1階

  • 総合案内所
  • 地場産品販売所
  • エントランスホール
  • お手洗い

2階

  • レストラン
  • 展示スペース
  • ファクトリー

3階

  • 事務室
  • 研修室

4階

  • 屋上展望スペース

マオイの丘公園 センターハウス美夕▲入口から向かって右側

施設内で休めるようにこのようにテーブルやイスが多めに配置されています。

マオイの丘公園 総合案内所▲入口から向かって左側

総合案内所は左側に見える小さな入口から入っていくとあるようです。

マオイの丘公園 表彰状 長沼町地産地消推進店登録証 ショップマオイの丘取扱商品

また、道の駅といえば欠かせない「スタンプラリー」もこちらで発見しました。

長沼町道の駅 マオイの丘公園 スタンプラリー

旅行中道の駅に立ち寄ることも多いので、220円で2020年度版のスタンプラリー帳も購入♪

長沼町道の駅 マオイの丘公園 スタンプ

ショップ「マオイの丘」

エントランスを真っすぐ進んでいくと、地元のお土産品が揃うショップ「マオイの丘」があります。

ショップ「マオイの丘」

ショップ「マオイの丘」では、北海道定番の焼き菓子やお土産品のほか、長沼町限定・マオイの丘公園でしか売っていないオリジナル商品も多数選ぶことができます。

ショップ「マオイの丘」注目の商品

  • ソフトクリーム
    長沼町産の牛乳を使用
  • 豚まん、ジンギスカンまん
    マオイの丘公園限定
  • 源泉豆腐
    収穫量日本一を誇る長沼産の大豆を使用
  • 北海道のなめらか羊羹・こだわりプリン
    長沼産の大豆を使用した和スイーツ
  • 手作り味噌
    長沼産の大豆を使用した手作り味噌
  • どぶろく
    長沼町は北海道でもわずかしか存在しない“どぶろく特区認定”地域。マオイの丘公園では現在2軒のどぶろくの取り扱い有り
ショップ「マオイの丘」 カウンター

長沼産の特徴的なお菓子や味噌、小物なども豊富で面白いですが、レジの中にはこのようなサインも飾られていました。

長沼町道の駅 マオイの丘公園にEXILE TRIBE

中でも「男旅」という黒いステッカーがパッと目に付きますよね。

これは北海道出身のEXILE TRIBEメンバーの5人が、北海道を盛り上げるために各地の魅力を発信する番組のもので、

2016年に「マオイの丘公園」を訪れた時に頂いたサインなんだそうです。

ちなみに、長沼会のFacebookにも当時の告知が残っていました。(詳細はこちら)

EXILE好きなファンの方は、「マオイの丘公園」を訪れた際はぜひ生のサインを見てみてくださいね。

レストラン美夕

今回は営業が終了していたので中に入ることはできませんでしたが、「マオイの丘公園」の施設2階では「レストラン美夕」でランチを摂ることができます。

レストラン美夕

レストラン美夕」では、2020年7月3日からリニューアルオープンしており、完全セルフ形式となっています。

レストラン美夕 メニュー

  • あんかけ焼きそば
  • ジンギスカン定食
  • カツカレー
  • キッズオムライス など

※営業時間は11:00~15:30(LO15:00)

ランチ時にちょうどお腹が空いたという方は、外の景色を眺めながらこちらで食事をすることもできます。

なお、3階は会議室・事務室になっているので、長沼の景色を一望したい方は続けて屋上4階の展望台を見に行きましょう。

屋上展望スペース

こちらが屋上展望スペースから望んだ長沼の景色です。

屋上展望スペース

この時は雲がどんよりとして雨も降っていましたが、晴天でスカッと晴れた日にはきっと絶景が見渡せると思います。

屋上展望スペース 双眼鏡

ちなみに、この屋上展望スペースの1カ所には、このような双眼鏡も設置されています。

長沼からはるか遠くの札幌や小樽の景色も眺望できるようですね。

そして「マオイの丘公園」の象徴的な三角ガラスも間近で見ることができます。

屋上展望スペース 三角ガラス

三角ガラスといえば、イサムノグチの「ガラスのピラミッド」を思い出します。

天気の良い日に「マオイの丘公園」を訪れた際は、ぜひ屋上展望スペースで長沼の雄大な景色と自然の空気を吸ってみてくださいね!

札幌東区「モエレ沼公園」|イサムノグチ設計『ガラスのピラミッド』を体感!札幌の観光を考えている方なら「モエレ沼公園」が候補に上がっているという方も多いと思います。 モエレ沼公園ではテニスや野球などさまざ...

長沼町道の駅 マオイの丘公園 公式Facebook、インスタグラム

マオイの丘公園」では、以下の公式Facebook、公式インスタグラムを更新しています。

営業情報やイベント案内などを発信していますので、観光を予定している方は事前に一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

マオイの丘公園 Facebookへ

マオイの丘公園 インスタグラムへ

長沼町道の駅 マオイの丘公園 地図・アクセス

長沼町道の駅 マオイの丘公園 地図・アクセス
施設名長沼町道の駅 マオイの丘公園
住所〒069-1460
夕張郡長沼町東10線南7番地
電話番号0123-84-2120
営業時間4月~11月 9:00~18:00
12月~3月 9:00~17:00
※農産物直売所、レストラン美夕、ショップ「マオイの丘」についてはそれぞれ営業時間が異なっています。詳しくはこちら
定休日年末年始(12月31日~1月3日)休業

最後にひと言

シロ猫のまるくん
シロ猫のまるくん

長沼町にはさまざまな観光地が目白押しですが、ドライブや観光で回るならマオイの丘公園は絶対に見てほしいスポットです!

特に長沼町産の新鮮野菜が選べる農産物直売所は必見でしょう!

余裕があれば屋上展望スペースから長沼の景色を眺めるのも気持ち良くておすすめですよ。

ABOUT ME
食べブロガーまる
『札幌ノマド』は札幌をはじめ道内各地のグルメ、観光などの役立つ情報・お得な情報を日々発信していきます。 »プロフィールの詳細

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です